トイプードルを甘やかしてしまうと

トイプードルを甘やかしてしまうと

トイプードルを甘やかしてしまうと

 

昔は、しつけができるまでは吠える、噛む犬に困り果てました。本来ならばかわいい愛犬なのに、ひどく吠える上、噛みついても来る、本当に惨めでした。

一般的に、子犬の時期がしつけるのには一番いい時と考えられています。基本的に、年を重ねて大きくなった犬でなく、子犬のほうが簡単にしつけできるのは、当たり前だと言っても過言ではありません。

また、ポメラニアンのおもらしをきちんとしつけたいものです。ポメラニアンの場合、過剰に喜んだり、緊張をすると、尿が漏れるケースだってあります。

ミニチュアダックスフンドというのは強情だったりします。プロに依頼するなどして、各ミニチュアダックスフンドに最適のしつけ訓練を教えてもらうのも1つの手であると言えるかもしれません。

ミニチュアダックスフンドのような犬は成犬も小さいので、本当に子どものように油断するかもしれませんが、しつけることは必ず子犬のころからやるようにしましょう。


今まで何度も吠えるのをしつけても言うことを聞こうとしない愛犬に、かなり感情的になっているのでは?犬というのはその直感で、当然のこととして反応として吠えているのではないでしょうか。

基本的に手放しにしていると無駄吠えの問題行動が多くなっていくミニチュアダックスフンドだろうと、適切にしつけをすると、無駄吠えの問題行動を無くしていくのも可能です。

普通、吠える犬をしつけるようなときはその犬の本質を広く理解して、スタートしないとだめなんです。飼い主には欠かせない姿勢です。

ポメラニアンような犬は、しつけを受けつつオーナーとの信頼関係を深めることを楽しむ犬ですから、子犬の時期からちゃんとしつけをしていくのがいいでしょう。

高揚して噛む犬をしつけるようなときは、イラつかず、ゆったりと対面することが必要です。自分が興奮してしつけをしても、無益じゃないでしょうか。


しっかりプルーフィングしていないと、自宅の中では無駄吠えしない犬であっても、知人を訪ねた際に、愛犬の無駄吠えが再発する事態さえあるでしょう。

トイプードルを甘やかしてしまうと、そのトイプードル自身が強いんだと思ってしまい、思いきり噛みついてしまうこともあります。ご自分のトイプードルの噛み癖については、じっくりしつけていかなければならないようです。

特定のものに恐怖心があって、それに対して吠えるという行為に繋がっていると推測されれば、きっと恐怖心の引き金となるものをなくしてしまえば、無駄吠えなどはやめさせることができるでしょう。

例えば、トイレではないしつけの中で褒美をあげているとしたら、トイレをしつけるのが成功に終わるまで、しばらくの期間はご褒美をやるのは止めてみてください。

もちろん、徹底してしつけに取り組んだら、間違いなくミニチュアダックスフンドなどのペットの犬は、主人にきちんとリアクションするんです。最後までやり遂げましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ