ちゃんとしつけを実施すれば

ちゃんとしつけを実施すれば

ちゃんとしつけを実施すれば

 

怒ったりするより褒め称えてあげると、ポメラニアンのしつけ方法としては効き目あるようです。しつけをする時はいっぱい褒め称えてあげることが大事らしいです。

ポメラニアンというと頭が良い犬なので、子犬の時期にしつけを行うのが良いでしょう。通常、最低限のしつけは、生まれてから6か月の期間にやっておくと良いと言います。

子犬のためにも、好き勝手にさせず、犬としての在り方を着実に習得させていくことが、何と言っても大事でしょう。しっかり愛犬をしつけるようにしましょう。

これから、吠える犬をしつける場合、その犬の本能について納得しておいてから、取り組んでいかなければいけないでしょう。しつけに重要な心構えでしょう。

犬を飼い始めたころは、しつけができるまでは吠える、または噛む行動に辛い思いをしました。愛しい犬なのに、私に吠える、噛みつく。本当に惨めでした。


基本的に無駄吠えが少なくて、人懐っこいのはもちろん、飼いやすいとされるラブラドールだけど、なんといっても大きな犬であるため、主従関係を学ぶしつけを忘れず、大切なしつけも誤ることなく実践してください。

叱ったりしないでしつけをしたいと、おとなしくさせようとラブラドールを抱いてしまったり、撫でてしまうことはいけないと覚えておきましょう。犬の方で「飛びついたら構ってくれる」と誤認してしまうからというわけです。

例えば「このままでは聞き分けのない子になるから」「社会性は教えておかないと」と願って、親として何か対処するように、吠える回数の多い犬のしつけというのも同じでしょう。

他の犬と比較しても、トイプードルはトップクラスで頭が良く、朗らかな性質です。主人に忠実で人なつきが良く、豊かな感性があるのはもちろん、反応も良いため、しつけや訓練をすると苦労することなく学ぶはずです。

小型犬のチワワでも、しつけをするべきです。チワワの場合、思いきり守ってあげることもおススメです。笑顔を向けてボディを撫でてあげて、兎にも角にも可愛がることが大切です。


言うまでもなくちゃんとしつけを実施すれば、必ずと言っていいほどミニチュアダックスフンドのようなペットの犬は、バッチリと応えるようになるようです。最後まで頑張ってください。

以前だったらトイレトレーニングのしつけにおいては犬が失敗すると罰っしたり、顔を押し付けてしかりつける方式が中心でしたが、これは実際はおすすめしません。

ワンコのお散歩デビューは、子犬のすべてのワクチンの後にするべきだと思います。しつけ方法に失敗すると、愛犬との暮らしが逆にストレスと感じてしまう可能性もあります。

トイレ訓練というものは、ペットが自分から所定の場所でオシッコなどを済ますことであって、しつけというのは、絶対にしっかりと行う必要があることに異論はないでしょう。

愛犬が無駄吠えすることを中断しておとなしくなった際に、餌やほめ言葉をあげるようにしましょう。吠えたりしないということと褒美を対のものとして、自然と学習していくのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ